Top >  二重まぶたになるために >  二重まぶたの整形手術のデメリットとは

自力で自然な二重まぶた

二重まぶたの整形手術のデメリットとは

二重まぶたの整形手術で主流となっているのは「埋没法」とよばれている方法です。
埋没法は二重まぶたの整形手術としてはメリットが多いのですが、やはりデメリットもあります。
たとえば、とめてあったはずの糸がすぐに切れてしまって一重まぶたに戻ってしまうこともあります。
糸がすぐにとれてしまう人もいれば、とれない人もいます。
ほとんどの病院で手術に対する保証期間がありますので、しっかり確認しましょう。
また、手術後の腫れがなかなか引かなかったりする場合もあるそうです。
そして、糸でとめるわけですから、どうしても結び目ができます。
結び目が眼球にあたり、眼球を傷つけてしまったりすることもあるそうですので、傷つけないように気をつけましょう。
いずれにしても、手術にはメリットとデメリットが伴うものですので、病院選びから慎重になって、焦らずにじっくり検討してから手術に臨みましょう。

自力で自然な二重まぶた

 <  前の記事 二重まぶた整形のメリットとは  |  トップページ  |  次の記事 二重まぶた整形手術の成功談  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6228

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶた ~憧れの二重まぶたになるために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。