Top >  二重まぶた関連 >  二重まぶた整形手術の失敗談

自力で自然な二重まぶた

二重まぶた整形手術の失敗談

どの手術にもメリットとデメリットがあり、成功した例もあれば、失敗した例もあるものです。
当然ですが、二重まぶたの整形手術にも成功談と失敗談があります。
ここで少し二重まぶたの美容整形手術による失敗談を載せましょう。
まずは、埋没法の失敗談を例にあげましょう。
埋没法は現在の二重まぶたの手術が主流となっていますが、メリットが多いなかでも、やはりデメリットがあります。
たとえば、手術後の腫れがなかなか引かないとか、手術の後で目が痛んだり、目がつり上がったような感じの不自然な二重まぶたになっていたり、まぶたの内側のとめ糸がとれたり、結び目が眼球を痛めたり、手術してすぐに糸がゆるんで一重まぶたに戻ったり、といろいろなトラブルが起きたりしているのも事実です。
切開法による二重まぶたの手術の場合ですと、なかなか腫れが引かないことや、ラインが細すぎてほとんど見えないような感じの二重になっていたりするようです。

自力で自然な二重まぶた

 <  前の記事 「埋没法」と「切開法」とは  |  トップページ  |  次の記事 トラブルを避けるために  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6231

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶた ~憧れの二重まぶたになるために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。