Top >  二重まぶた関連 >  トラブルを避けるために

自力で自然な二重まぶた

トラブルを避けるために

二重まぶたの手術で切開法による場合だと、なかなか腫れが引かない・ラインが細すぎてほとんど見えないような感じの二重になっていた・不自然なラインでひと目で手術したことがわかってしまうとか、ラインの位置がずれて顔全体のバランスがおかしくなったなどのトラブルが起きているようですが、切開法の最大のデメリットは、一度手術をしてしまうともう後戻りができないところです。
切り込みを入れると、もう埋没法のように一重に戻ることができず、そのまま二重まぶたをキープしなければならなくなります。
たかが美容整形、されど美容整形ということで、美しくなりたいために行う整形なのに、逆効果では意味がないですし、自分の身体を傷つけてしまうのはさらにもったいないことです。
くれぐれも二重まぶたの美容整形手術にリスクがあることを忘れずに、いざ手術を受けることを決めたら、できるだけ情報収集をして、メリットとデメリットについてしっかり認識したうえで、保証やサポート、アフターサービス、顧客対応もしっかりした安心して手術が受けられる病院を選びましょう。

自力で自然な二重まぶた

 <  前の記事 二重まぶた整形手術の失敗談  |  トップページ  |  次の記事 その他の二重まぶたの作り方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/6232

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「二重まぶた ~憧れの二重まぶたになるために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。